昼夜逆転生活を直したい

昼夜逆転生活を直したい

私は24時間家にいる仕事をしています。仕事はいつでも取り組んでいいので、
どんどん寝る時間が後ろ倒しになってしまっていつのまにか昼夜逆転してしまいました。
たとえば、朝方に寝て起きるのはだいたい13時から15時くらいの間になります。

 

そうすると生活リズムが不規則だよなんて言う人がいますが、朝寝て昼起きるという
ある意味規則的な生活になっています。それでいて健康なので全く問題ないのかもしれませんね。
なぜ、放っておくと朝寝て夜起きる生活になってしまうのでしょうか?

 

人間って元々夜寝て朝起きるのが自然だったのは嘘なのでしょうか?
本来は朝寝て夜起きる生き物なのではないでしょうか?

 

そんなことを思っています。
でもテレビとか本を見ると夜寝て朝起きるほうがホルモンの分泌が正常で
健康的に生きられると言っているので、直そうかと思っています。

 

でも中々難しいです。特に昼起きるとその日の夜は眠くなりません。
眠くなるまで放っておくと自然に朝になってしまいます。
どうしてなんでしょうね。

 

そこが一番難しいところです。なので、無理やり徹夜しようとしていますが、
そうするとしんどいですね。なんとか楽に戻せる方法って無いのかな。

 

1980年代に流行したエアロビクスを覚えていますか?もう若い人は知らないかと思いますが、
当時レオタード姿でジムでエアロビクスをしてダイエットをすることが女性の間で流行っていました。
エアロビクスというと楽しく運動できて痩せられるというのが売りでしたね。

 

今で言うとダンスダイエットのようなものです。確かにランニングとかウォーキングとかは
単調で毎日同じペースで続けなければいけないのでかなり大変だと思います。
そこであまり地道に続けることの苦手な人はエアロビクスが向いています。
一億三千万総ダイエット王国である日本にはエアロビクスブームはまた来ると思います。

 

そしたらインストラクターと仲良く慣れるかもしれませんね。異性のインストラクターの
いるジムに通うと良いでしょう。男でもエアロビクスをやっている人もいます。
今はどうだか知りませんが、10年以上前にエアロビクスの男の大会もやっているのを
テレビで見かけました。ちょっと気持ち悪い感じもしましたが、流石男だけあって
動きのキレも良かったですね。

 

体重を少しでも減らしながら必要な筋肉もちゃんと付いてくるのですごくオススメです。
中には熱中しすぎてダイエットよりエアロビクスの上達が目的になってしまう人もいるようですね。

 

簡単ダイエット 方法

続きを読む≫ 2014/08/02 08:25:02